お気軽にご連絡ください。

障害年金の相談、請求なら
たかす障害年金事務所

〒454-0972 名古屋市中川区新家2-501-601

 運営 たかす社会保険労務士事務所

052-414-6840

営業時間

9:00~18:00 
土日対応いたします

お気軽にお問合せください

血液・造血器疾患の障害

血液・造血器疾患の障害

認定基準

障害の程度障害の状態
1級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状で、日常生活の

用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状で、日常生活が

著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを

必要とするもの

3級

身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は、労働に制限を加えることを

必要とする程度の障害を有するもの

認定要綱
  • 血液・造血器疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、治療及び
    病状の経過等(薬物療法による症状の消長の他、薬物療法に伴う合併症等)具体的な日常生活により総合的に認定するものとします。
  • 当該傷病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とします。
  • 血液・造血器疾患は、医学研究の進歩によって、診断、治療法が特に著しく変化します。したがって、血液・造血器疾患の分類は、研究者の見解によって多少異なる分類法がなされています。
  • 血液・造血器疾患の主要症状としては、顔面蒼白、易疲労感、動悸、息切れ、頭痛、めまい、知覚異常、出血傾向、骨痛、関節痛の自覚症状、発熱、黄疸、心雑音、舌の異常、感染、出血班、リンパ節腫大、血栓等の他覚所見があります。
  • 検査成績としては、血液一般検査、血液生化学検査、免疫学的検査、鉄代謝検査、血液ガス分析、超音波検査、リンパ節生検、骨髄生検、凝固系検査、染色体分析、遺伝子分析、骨シンチグラム等があります。
  • 検査成績は、その性質上変動しやすいものであるので、血液・造血器疾患による障害の程度の判定に当たっては、最も適切に病状をあらわしていると思われる検査成績に基づいて行います。

戻る

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

052-414-6840

shougai @nenkindairi.jp

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

対応地域
名古屋市及び愛知県西部地方

名古屋市、あま市、愛西市、
弥富市、稲沢市、一宮市、
江南市、尾西市、海部郡、
清須市、津島市
          等々
 

代表

代表 高須智浩

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。